コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐火構造 たいかこうぞうfireproof construction; fire-resisting construction

6件 の用語解説(耐火構造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐火構造
たいかこうぞう
fireproof construction; fire-resisting construction

柱,梁,壁,床,屋根,階段など建築物の主要構造部が,隣接火災や内部火災にあった場合でも,そのあとで軽い修理だけで再使用できるような構造。鉄筋に対する被覆が十分な鉄筋コンクリート造がその代表的な例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいか‐こうぞう〔タイクワコウザウ〕【耐火構造】

建築の主要部分が高熱に対して強く、たとえ焼けても補修程度で再使用できるような構造。鉄筋コンクリート造り、耐火被覆を施した鉄骨造りなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

耐火構造

建築基準法上、壁・柱・床などの構造のうち、政令で定める耐火性能の技術的基準に適合する鉄筋コンクリート造、レンガ造などの構造で、建設大臣が定めた構造方法を用いるもの、または、建設大臣の認定を受けたもの。→準耐火構造

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいかこうぞう【耐火構造】

建物の主要部分をブロックや鉄筋コンクリートなどの耐火材料とし、火災による焼失・類焼を防止する構造。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

たいかこうぞう【耐火構造】

屋根・柱・梁(はり)・壁など主要構造部が、建築基準法で定める、火災時の加熱に一定時間耐える性能を持つもの。鉄筋コンクリート造・鉄骨造・煉瓦(れんが)造など。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐火構造の関連情報