コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐火構造 たいかこうぞうfireproof construction; fire-resisting construction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐火構造
たいかこうぞう
fireproof construction; fire-resisting construction

柱,梁,壁,床,屋根,階段など建築物主要構造部が,隣接火災や内部火災にあった場合でも,そのあとで軽い修理だけで再使用できるような構造。鉄筋に対する被覆が十分な鉄筋コンクリート造がその代表的な例である。建築基準法施行令では,建築物の部位別,最上階から数えた階数ごとに耐火性能を定め,その性能を有する構造として建設大臣が指定したものをいう。この性能は階段の構造を除き,通常の火災時の火熱に何時間耐えるかという耐火時間を基準としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リフォーム用語集の解説

耐火構造

建築基準法上、壁・柱・床などの構造のうち、政令で定める耐火性能の技術的基準に適合する鉄筋コンクリート造、レンガ造などの構造で、建設大臣が定めた構造方法を用いるもの、または、建設大臣の認定を受けたもの。→準耐火構造

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

たいかこうぞう【耐火構造】

建物の主要部分をブロックや鉄筋コンクリートなどの耐火材料とし、火災による焼失・類焼を防止する構造。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耐火構造の関連キーワードエンジニアリング・セラミックスツーバイフォー(2×4)住宅鉄筋コンクリート構造省令準耐火構造建物スプリンクラー同潤会アパートテラスハウス準防火地域隣地境界線耐火建築物地震保険積層書架防火地域アパート耐火材料ブロック耐火建築避難階段土蔵造り耐火煉瓦

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耐火構造の関連情報