耐火構造(読み)たいかこうぞう(英語表記)fireproof construction; fire-resisting construction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「耐火構造」の解説

耐火構造
たいかこうぞう
fireproof construction; fire-resisting construction

屋根階段など建築物の主要構造部が,隣接火災や内部火災にあった場合でも,そのあとで軽い修理だけで再使用できるような構造。鉄筋に対する被覆が十分な鉄筋コンクリート造がその代表的な例である。建築基準法施行令では,建築物の部位別,最上階から数えた階数ごとに耐火性能定め,その性能を有する構造として建設大臣が指定したものをいう。この性能は階段の構造を除き,通常の火災時の火熱に何時間耐えるかという耐火時間を基準としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「耐火構造」の解説

たいか‐こうぞう タイクヮコウザウ【耐火構造】

〘名〙 柱・梁・壁・床・屋根・階段などの主要構造部分に、火災にあっても燃えたり破損したりしにくい鉄骨や鉄筋コンクリートなどを用いた造り。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉東京の顔「建物の外壁及屋根は耐火構造(タイクヮコウザウ)でなければならぬとされる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

リフォーム用語集「耐火構造」の解説

耐火構造

建築基準法上、壁・柱・床などの構造のうち、政令で定める耐火性能の技術的基準に適合する鉄筋コンクリート造、レンガ造などの構造で、建設大臣が定めた構造方法を用いるもの、または、建設大臣の認定を受けたもの。→準耐火構造

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典「耐火構造」の解説

たいかこうぞう【耐火構造】

屋根・柱・梁(はり)・壁など主要構造部が、建築基準法で定める、火災時の加熱に一定時間耐える性能を持つもの。鉄筋コンクリート造・鉄骨造・煉瓦(れんが)造など。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「耐火構造」の解説

たいか‐こうぞう〔タイクワコウザウ〕【耐火構造】

建築の主要部分が高熱に対して強く、たとえ焼けても補修程度で再使用できるような構造。鉄筋コンクリート造り、耐火被覆を施した鉄骨造りなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android