コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐糖能異常 たいとうのういじょう

1件 の用語解説(耐糖能異常の意味・用語解説を検索)

生活習慣病用語辞典の解説

耐糖能異常

QUPiOでは、100-126mg/dl未満 を耐糖能異常としています。耐糖能異常の正しい閾値は、空腹時血糖値が110mg/dl-126mg/dl未満もしくは経口ブドウ糖負荷試験で2時間値が140mg/dl-199mg/dlの人をいいます。これは「境界型(糖尿病)」とも言われ、放置すれば糖尿病になる可能性が高く、動脈硬化はこの段階から進行します。しかし、最近では空腹時血糖値が100mg/dl以上の人も糖尿病になる確率が高いことが明らかになっています。そこでQUPiOでは、空腹時血糖値100mg/dl以上の人を耐糖能異常として、積極的な予防行動をお勧めしています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
生活習慣病用語辞典について | 情報

耐糖能異常の関連キーワード再婚禁止期間QUPiO参考値タイソン ゲイ血糖値利回り北島康介藤田秀世西澤裕介百万遍念仏気温

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐糖能異常の関連情報