コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐糖能異常 たいとうのういじょう

1件 の用語解説(耐糖能異常の意味・用語解説を検索)

生活習慣病用語辞典の解説

耐糖能異常

QUPiOでは、100-126mg/dl未満 を耐糖能異常としています。耐糖能異常の正しい閾値は、空腹時血糖値が110mg/dl-126mg/dl未満もしくは経口ブドウ糖負荷試験で2時間値が140mg/dl-199mg/dlの人をいいます。これは「境界型(糖尿病)」とも言われ、放置すれば糖尿病になる可能性が高く、動脈硬化はこの段階から進行します。しかし、最近では空腹時血糖値が100mg/dl以上の人も糖尿病になる確率が高いことが明らかになっています。そこでQUPiOでは、空腹時血糖値100mg/dl以上の人を耐糖能異常として、積極的な予防行動をお勧めしています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耐糖能異常の関連キーワードCRP空腹時血糖値空腹時血糖(FBS・FPG)血色素量(ヘモグロビン(Hb))総コレステロール(T-CHO)中性脂肪(トリグリセリド(TG))尿酸(UA)HDLコレステロール(HDL-C)LDLコレステロール(LDL-C)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐糖能異常の関連情報