コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耕作噺 こうさくばなし

世界大百科事典 第2版の解説

こうさくばなし【耕作噺】

江戸中期の農書。津軽(青森県)堂野前村の中村喜時(生没年不詳)が1776年(安永5)に著し,のち写本として伝わった。〈老人噺けるは〉の書出しで始まる22章からなり,老農談話の形式でまとめられている。寒冷地の風土,気候,稲作技術の要点などを述べ,安定収穫のための早生稲栽培,用水管理にとくに注意を促した。《近世地方経済史料》《日本農書全集》所収。【田中 耕司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android