コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耕作噺 こうさくばなし

1件 の用語解説(耕作噺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうさくばなし【耕作噺】

江戸中期の農書。津軽(青森県)堂野前村の中村喜時(生没年不詳)が1776年(安永5)に著し,のち写本として伝わった。〈老人噺けるは〉の書出しで始まる22章からなり,老農談話の形式でまとめられている。寒冷地の風土,気候,稲作技術の要点などを述べ,安定収穫のための早生稲栽培,用水管理にとくに注意を促した。《近世地方経済史料》《日本農書全集》所収。【田中 耕司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耕作噺の関連キーワード津軽蕃藷考会津農書芦沼村惣四郎津軽承保津軽信著津軽信寧津軽信義堂野前維摩郷中村喜時

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone