コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世地方経済史料 きんせいじかたけいざいしりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近世地方経済史料
きんせいじかたけいざいしりょう

小野武夫編。全 10巻。 1932年刊行終了。近世における農村史料を集めたもの。収録した史料は全国的なものであって,農政一揆,技術,田制飢饉など内容は多岐にわたる。なお,第9,10巻は,琉球産業制度資料として,土地,農業,山林租税などの各制度を整理して収めている。近世地方経済史料刊行会より刊行。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

近世地方経済史料の関連キーワード奥寺八左衛門地方の聞書小野 武夫才蔵記地方書耕作噺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android