耳を掩いて鐘を盗む(読み)ミミヲオオイテカネヲヌスム

デジタル大辞泉の解説

耳(みみ)を掩(おお)いて鐘(かね)を盗(ぬす)む

《「呂氏春秋自知故事から》鳴るのを人に聞かれまいとして自分をふさいでを盗む。良心に反する行為をしながら、そのことを考えないように努めること。また、自分の悪事を人に知られないようにしたと思っていても、知れ渡っているたとえ耳を掩いて鈴を盗む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android