悪事(読み)アクジ

デジタル大辞泉の解説

あく‐じ【悪事】

道徳や法律などに背いた行為。悪い行い。「悪事を働く」「悪事が露見する」
わが身に降りかかる、災い。災難。「悪事が重なる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐じ【悪事】

〘名〙
① 悪い行ない。法や道徳にそむいた行ない。
※今昔(1120頃か)三一「汝等監(みだり)に箭を放て悪事を至さば、後の為に悪かりなむ」
② 不吉なこと。わざわい。不幸。災難。
※左経記‐寛仁元年(1017)七月一四日「依中将喪仮文也、而最前奉悪事仮文、於事有憚、仍先奉産仮文也」 〔素書‐安礼章〕

わり‐こと【悪事】

〘名〙 わるいこと。いたずら。わるさ。また、あくじ。
※俳諧・鷹筑波(1638)五「まづとらまへてあたま播磨路 わり事をしかまのかちの子共ども〈貞義〉」

わる‐ごと【悪事】

〘名〙
① 悪いこと。不運なこと。凶であること。
※土井本周易抄(1477)二「わる事もなにが長うはあらうぞ」
② 悪い動作。不法な言動。わるさ。よくないたわむれ。
浄瑠璃・極彩色娘扇(1760)八「アレお早様のわる事しいな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪事の関連情報