悪事(読み)あくじ

精選版 日本国語大辞典「悪事」の解説

あく‐じ【悪事】

〘名〙
① 悪い行ない。法や道徳にそむいた行ない。
※今昔(1120頃か)三一「汝等監(みだり)に箭を放て悪事を至さば、後の為に悪かりなむ」
② 不吉なこと。わざわい。不幸。災難。
※左経記‐寛仁元年(1017)七月一四日「依中将喪仮文也、而最前奉悪事仮文、於事有憚、仍先奉産仮文也」 〔素書‐安礼章〕

わる‐ごと【悪事】

〘名〙
① 悪いこと。不運なこと。であること。
※土井本周易抄(1477)二「わる事もなにが長うはあらうぞ」
② 悪い動作。不法な言動。わるさ。よくないたわむれ。
浄瑠璃・極彩色娘扇(1760)八「アレお早様のわる事しいな」

わり‐こと【悪事】

〘名〙 わるいこと。いたずら。わるさ。また、あくじ。
※俳諧・鷹筑波(1638)五「まづとらまへてあたま播磨路 わり事をしかまのかちの子共ども〈貞義〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悪事」の解説

あく‐じ【悪事】

道徳や法律などに背いた行為。悪い行い。「悪事を働く」「悪事が露見する」
わが身に降りかかる、災い。災難。「悪事が重なる」
[類語]凶行悪行旧悪とが過ち罪悪罪科罪過犯罪罪障罪業悪徳背徳不徳不仁不義不倫破倫あく違犯悪い悪辣奸悪邪悪奸佞陰険性悪悪性俗悪凶悪極悪悪逆巨悪諸悪暴悪卑劣陋劣ろうれつ狡猾こうかつよこしまさがない腹黒い腹汚い悪賢いずる賢い小賢しいずるいこすいこすっからいあくどいさかしいさかしら老獪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「悪事」の解説

【悪事】あくじ

不正なこと。悪行。〔春秋繁露、同類相動〕美事は美を召し、惡事は惡を召す。

字通「悪」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android