コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳擦り ミミコスリ

デジタル大辞泉の解説

みみ‐こすり【耳擦り】

[名](スル)
人の耳もとで小声でささやくこと。耳打ち。
「下女は暗い中で私に―するように」〈漱石・硝子戸の中〉
あてつけを言うこと。あてこすり。
「いろいろの―、はしたないこと聞きてはゐぬぞや」〈浄・歌祭文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みみこすり【耳擦り】

( 名 ) スル
そっとささやくこと。耳打ち。 「二人の悪漢わるものは、互に顔を見合せ-して/真景累ヶ淵 円朝
あてこすり。皮肉。 「揚屋の男目が-いふは/浮世草子・一代女 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耳擦りの関連キーワード浮世草子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android