コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私語 ササメ

10件 の用語解説(私語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ささめ【私語】

《「さざめ」とも》「ささめごと」の略。
「一生閨(ねや)に―せん事も絶えにしよと思へば」〈浮・近代艶隠者〉

ささ‐めき【私語】

ささめくこと。ひそひそ話。ささやき。また、男女のむつごと。
「貴妃の―、再び唐帝の思ひにかへる」〈海道記

ささめき‐ごと【私語】

ささめごと」に同じ。
「うちうちにのたまはする御―どもの、おのづから広ごりて」〈・若菜上〉

ささめ‐ごと【私語】

《「さざめごと」とも》ひそひそ話。ないしょ話。特に、男女間の恋の語らいをいう。ささめきごと。
[補説]書名別項。→ささめごと

し‐ご【私語】

[名](スル)
ひそかに話すこと。ささやくこと。
「聞き取れるか聞き取れぬ程のしめやかな―の声で」〈二葉亭訳・あひゞき
公の場であるにもかかわらず、自分たちだけでひそひそと勝手な話をすること。また、その話。「私語を慎む」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ささめ【私語】

〔「さざめ」とも〕
「ささめごと」の略。 「夜半の-にたきしめし、とめ木の薫りうすくとも/浄瑠璃・五人兄弟」

ささめき【私語】

ささめくこと。また、その声。 「恋の-」

ささめきごと【私語】

ひそひそ話。ささめごと。

ささめごと【私語】

他人に聞こえぬように小声で話す話。内緒話。ひそひそ話。さざめごと。
男女間のむつごと。

しご【私語】

( 名 ) スル
ひそかに話すこと。また、その話。ひそひそ話。ささやき。 「何処かで看護婦達の-する声と/一隅より 晶子
授業中などに、人の迷惑をかえりみず話すこと。 「 -はつつしむように」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

私語の関連キーワード密語内内画策高臥内通密めく密殺密通密話

私語の関連情報