コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密語 みつご

3件 の用語解説(密語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

密語
みつご

仏教用語。真実を裏に隠して説かれた語。仏教の教えは言葉の表面的な理解だけでは,真理に到達したとはいえない。隠された意味,すなわち密意 (みっち) を理解しなくてはならない。この考えから逆に真意をわざと隠した語句がつくられ,これを一般に密語という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みつ‐ご【密語】

[名](スル)
ひそかに話すこと。また、その話。ひそひそ話。
「耳に附きて―せし事といえども、漏すことなく」〈中村訳・西国立志編
仏語。
㋐仏が真実を裏に秘めて説いた言葉や教え。密言。
密教真言陀羅尼(だらに)。密言。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みつご【密語】

( 名 ) スル
ひそかに語ること。また、その話。ひそひそ話。 「 -を交わす」 「 -して曰く余実に卿に恋着す/花柳春話 純一郎
〘仏〙
仏が真実を裏に隠して説いた言葉や教え。密言。
密教の真言陀羅尼。密言。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone