耳語(読み)じご

精選版 日本国語大辞典「耳語」の解説

じ‐ご【耳語】

〘名〙 口を他人のにつけて小声でること。みみうち。ささやき。ひそひそばなし。私語
※小右記‐長和元年(1012)八月一七日「在陣之間、右府耳語春宮大夫
※即興人(1901)〈森鴎外訳〉精進日、寺楽「ベルナルドオは、刻薄なる語気もて我に耳語していふやう」 〔史記‐灌夫〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「耳語」の解説

じ‐ご【耳語】

[名](スル)口を相手の耳に当てて小声で話すこと。また、その話。耳打ち
「互に―して気を揉み居たるの、最中なりしに」〈竜渓経国美談
[類語]ひそひそ話私語耳打ち内緒話密語耳こすり囁く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「耳語」の解説

【耳語】じご

耳もとでささやく。〔玉台新詠、焦仲の為に作る〕詩 を下りて車中に入り 頭を(た)れて共に耳語す

字通「耳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android