コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耽羅木石苑 たんらもくせきえん

1件 の用語解説(耽羅木石苑の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

たんらもくせきえん【耽羅木石苑】

韓国のチェジュド(済州島)済州市郊外にある私設の公園。済州空港からバスで30~40分ほどのところにある。長い年月をかけて奇妙な形に変形した山柚子(ハルラ山の海抜700m以下に自生している)の枯死木や奇岩を展示している。◇「耽羅」は、3世紀の中国の史書『三国志』の「魏志東夷伝」にも登場する、かつてチェジュドにあった国の名前。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耽羅木石苑の関連キーワード済州島東支那海済州道済州特別自治道済州島四・三事件済州マラソンフェスティバル済州済州島4・3事件韓国・済州島の海女済州火山島と溶岩洞窟群

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone