コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魏志東夷伝 ぎしとういでんWei-zhi dong-yi-zhuan; Wei-ji-tong-i-jǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魏志東夷伝
ぎしとういでん
Wei-zhi dong-yi-zhuan; Wei-ji-tong-i-jǒn

中国の正史の一つ,『三国志』のうち『魏書』 30巻に東夷伝があり,それを一般に「魏志東夷伝」という。扶余高句麗,東沃沮ゆう婁 (ゆうろう) ,濊,馬韓辰韓弁辰,倭人などの諸伝がある。これらは東夷諸族に関する文献として最古のもの。紀元前後から魏の正始年間 (3世紀中頃) までの期間が記され,地理,風俗,祭祀,官爵,東夷諸族間の関係,漢土との外交,戦闘などの記事がある。5世紀に『魏略』『魏氏春秋』『蜀記』からの引用が注として多く入れられ,東夷諸族の研究上重要なもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

魏志東夷伝の関連キーワードキムヘ(金海)平野耽羅木石苑糸島(市)日朝交渉史朝鮮文学五族五部卑弥呼粛慎加羅弁韓夫余新羅帯方百済下戸濊貊東盟韓族三韓

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android