聖セバルドゥス教会(読み)セイセバルドゥスキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいセバルドゥス‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖セバルドゥス教会】

Sankt Sebalduskirche》ドイツ中南部、バイエルン州の都市、ニュルンベルクにある教会。13世紀に聖セバルドゥスを祭る教会として後期ロマネスク様式で建造され、14世紀に内陣と側廊をゴシック様式に改装。ドイツ後期ゴシックの代表的な彫刻家、ファイト=シュトスによるキリストの十字架像や聖人像などがある。聖ゼーバルト教会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android