コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖セバルドゥス教会 セイセバルドゥスキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいセバルドゥス‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖セバルドゥス教会】

Sankt Sebalduskirche》ドイツ中南部、バイエルン州の都市、ニュルンベルクにある教会。13世紀に聖セバルドゥスを祭る教会として後期ロマネスク様式で建造され、14世紀に内陣と側廊をゴシック様式に改装。ドイツ後期ゴシックの代表的な彫刻家、ファイト=シュトスによるキリストの十字架像や聖人像などがある。聖ゼーバルト教会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聖セバルドゥス教会の関連キーワードフィッシャー(ドイツの彫刻家の一族)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android