コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ゼバルドゥス教会 せいゼバルドゥスきょうかい

1件 の用語解説(聖ゼバルドゥス教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいゼバルドゥスきょうかい【聖ゼバルドゥス教会】

ドイツ南部のバイエルン州の古都ニュルンベルク(Nürnberg)、中世の城壁に囲まれた旧市街の中央広場(Hauptmarkt)の近く、市役所の正面にある2つの尖塔を持つ教会。中央広場から徒歩約2分の場所にある。高い建物のないニュルンベルク市街からは、いたるところからこの教会の2つの尖塔が見える。この教会は旧市街北部のゼバルドゥス地区の地区教会で、1225年に着工し、1274年に後期ロマネスク様式の教会として完成して献堂された、ニュルンベルクで最も古い教会建築である。その後260年近くにわたって改築・増築が繰り返され、1438年に現在の建物の原型がほぼできあがった。ゴシック様式聖歌隊席や2つの尖塔は、その後増築されたものである。この教会は第二次世界大戦中に大きな被害を受けたが、1981年に再建・復元された。プロテスタントからカトリックに改宗した教会で、17世紀のバロック期の作曲家ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel、1653~1706年)ゆかりの教会でもある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone