コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖トマス大学 せいトマスだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖トマス大学
せいトマスだいがく

兵庫県尼崎市にあった私立大学。2015年閉学。カトリック教会大阪大司教区(→カトリック)を設立母体とし,1962年に創立された英知短期大学を経て,1963年に 4年制の英知大学として開学,神学部を置いた。1964年神学部を改組して文学部を開設。2007年聖トマス大学に改称。2008年文学部を改組して人間文化共生学部に変更。1996年大学院を設置。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいトマス‐だいがく【聖トマス大学】

兵庫県尼崎市にあったカトリック系の私立大学。昭和38年(1963)に英知大学として開設、平成19年(2007)、聖トマス大学に改称。平成27年(2015)年3月をもって閉校。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

聖トマス大学の関連キーワードガリグー・ラグランジュラウレス ヨハネス兵庫県尼崎市グリーフケア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android