聖ローレンツ教会(読み)セイローレンツキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいローレンツ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖ローレンツ教会】

Sankt Lorenzkirche》ドイツ中南部、バイエルン州の都市、ニュルンベルクにある2本の尖塔(せんとう)をもつゴシック様式の教会。13世紀半ばに建造。ドイツ後期ゴシックの代表的な彫刻家、ファイト=シュトスによる受胎告知のレリーフがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android