コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ローレンツ教会 セイローレンツキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいローレンツ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖ローレンツ教会】

Sankt Lorenzkirche》ドイツ中南部、バイエルン州の都市、ニュルンベルクにある2本の尖塔(せんとう)をもつゴシック様式の教会。13世紀半ばに建造。ドイツ後期ゴシックの代表的な彫刻家、ファイト=シュトスによる受胎告知のレリーフがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聖ローレンツ教会の関連キーワードニュルンベルク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖ローレンツ教会の関連情報