コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴシック様式 ゴシックようしき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ゴシックようしき【ゴシック様式】

12世紀前半にパリを中心とするフランスで始まり、16世紀に至るまで広くヨーロッパ各地に影響を与えた建築・美術の様式。建築物では大聖堂の尖頭アーチステンドグラスなど、家具では垂直を強調した対称形や豪華な彫刻装飾が特徴。フランスのノートルダム大聖堂、イギリスのカンタベリー大聖堂、ドイツのケルン大聖堂などが代表例。◇「ゴシック」は「ゴート人(ゲルマン系の一部族)の」という意。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

ゴシック様式の関連キーワードシュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノワットニウェートタンマプラワットエティントン・パーク・ホテルマソリーノ・ダ・パニカーレ聖アルジュベティ大聖堂ビューフォートウエストフライングバットレスセントメアリー大聖堂ゴシック・リバイバルカーセレスの旧市街ザンクト・ペルテンシュテファン大聖堂聖バーツラフ大聖堂ジャッククール宮殿エリザベート教会リンカーン大聖堂コルドバの大聖堂リバプール大聖堂ジャカルタ大聖堂

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴシック様式の関連情報