コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴシック様式 ゴシックようしき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ゴシックようしき【ゴシック様式】

12世紀前半にパリを中心とするフランスで始まり、16世紀に至るまで広くヨーロッパ各地に影響を与えた建築・美術の様式。建築物では大聖堂の尖頭アーチステンドグラスなど、家具では垂直を強調した対称形や豪華な彫刻装飾が特徴。フランスのノートルダム大聖堂、イギリスのカンタベリー大聖堂、ドイツのケルン大聖堂などが代表例。◇「ゴシック」は「ゴート人(ゲルマン系の一部族)の」という意。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

ゴシック様式の関連キーワードジェンティーレ・ダ・ファブリアーノエティントン・パーク・ホテルマソリーノ・ダ・パニカーレジローラモ・ダ・クレモーナサグラダ・ファミリア聖堂聖アルジュベティ大聖堂ウィッティンガウの画家ゴシック・リバイバルセントメアリー大聖堂ザンクトゲオルク教会フライングバットレス聖カンティアヌス教会シュテファン大聖堂ジャッククール宮殿カーセレスの旧市街聖バーツラフ大聖堂聖イェーカバ大聖堂インバネス大聖堂エリザベート教会ヨークミンスター

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴシック様式の関連情報