ゴシック様式(読み)ゴシックようしき

  • Gothic

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

12世紀前半にパリを中心とするフランスで始まり、16世紀に至るまで広くヨーロッパ各地に影響を与えた建築・美術の様式。建築物では大聖堂尖頭アーチステンドグラスなど、家具では垂直を強調した対称形や豪華な彫刻装飾が特徴。フランスのノートルダム大聖堂イギリスカンタベリー大聖堂ドイツケルン大聖堂などが代表例。◇「ゴシック」は「ゴート人(ゲルマン系の一部族)の」という

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

12〜15世紀のヨーロッパで栄えた,高い尖塔をもつ垂直線を強調した建築様式。広義にはゴシック風の美術全般をさす
この語は,イタリアの芸術家たちがみずからのギリシア・ローマ的なものに対し,「粗野なゴート風」の意で用いた。ロマネスク美術の様式に続いて12世紀半ばに北フランスにおこり,西ヨーロッパに普及した。聖堂建築を中心とし,出入口,窓の尖頭アーチ,屋上の尖塔など軽快な垂直線が特徴とされ,天国へのあこがれを象徴するといわれる。フランスのノートルダム(パリ)・ランス・アミアン・シャルトル,ドイツのケルン,イギリスのカンタベリ・ヨークの聖堂が有名。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴシック様式の関連情報