ゴシック式(読み)ゴシックシキ

デジタル大辞泉の解説

ゴシック‐しき【ゴシック式】

ヨーロッパ中世、ロマネスクに次ぐ美術様式。12世紀中ごろ北フランスに興り、各国に広まった。特に聖堂建築に代表され、リブ付きのボールトを有し、尖頭アーチや高くのびる尖塔など天上を志向する垂直効果を特色とする。パリのノートルダム大聖堂、ロンドンのウエストミンスター寺院などに代表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゴシックしき【ゴシック式】

ヨーロッパ中世の美術様式。ロマネスクに次いで一二世紀中頃北フランスにおこり、各国に広まってそれぞれ発展をみた。教会堂建築が主で、リブ-ボールト(肋骨穹窿ろつこつきゆうりゆう)・バットレス(控え壁)・尖頭アーチを構成要素とする。広い窓をとり、高い尖塔や尖頭アーチなどの垂直線から生じる強い上昇効果を特徴とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゴシック‐しき【ゴシック式】

〘名〙 =ゴシック
※中外商業新報‐明治四一年(1908)四月一日「階下休憩室は十五坪にして室内装飾は『ゴシック式』とし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android