コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイエルン州 バイエルンBayern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイエルン〔州〕
バイエルン
Bayern

英語ではババリア Bavaria。ドイツ南東部にある同国最大の州。州都ミュンヘン。南はオーストリア,東はチェコ,北はチューリンゲン州およびザクセン州,北西および西はヘッセン州およびバーデンウュルテンベルク州に接する。紀元直前にローマ人がそれまでの住民ケルト人を征服してここを属領としたが,その後ゲルマンの一部族の土地となり,8世紀末にフランク王国,のち東フランク王国に組込まれ,特に東フランク王国ではその中心となった。 10世紀以後はバイエルン公位の継承をめぐって長い間,争いが繰返されたが,12世紀後半からはウィッテルスバハ家が公位につき,同家の支配が 1918年のドイツ革命まで続いた。この間,公国は分割,統一や,フランス軍の侵入などの歴史を経たのち,1806年には王国に昇格。 1919年からはワイマール共和国に加ったが,その後まもなくナチスの地盤となった。第2次世界大戦後は大部分が連合軍の占領地となり,のちドイツ連邦共和国の成立とともにその一州となった。地形的には,南のアルプス,東のベーマーワルト,北のチューリンガーワルト,南西のシュウェービッシェアルプなど山地が多く,北西境界のマイン川,ネッカー川流域だけが比較的平坦となっている。産業の中心は商工業であるが,土地の約半分が農地,約3分の1が森林。南部ではコムギ,北部ではライムギを中心とし,マイン川河谷など一部ではブドウ,野菜などの栽培も行われる。工業はミュンヘン,アウクスブルク,ニュルンベルクを中心に輸送機械,農業機械,陶磁器,ガラス,紙,繊維など各種の製造業が立地し,ミュンヘンのビール製造は特に有名。アルプス周辺では観光業が中心である。面積 7万552km2。人口 1251万331(2010推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バイエルン(Bayern)

ドイツ南部の州。州都ミュンヘン穀倉地帯をなし、ブドウ・ホップの栽培も行われ、ビール醸造業が盛ん。英語名ババリア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バイエルン州の関連キーワードフランツ・J. シュトラウスベルヒテスガーデン国立公園アンスバッハ・バッハ週間ルートウィヒ エアハルトホルスト ゼーホーファーノイシュバンシュタイン城エドムント シュトイバーツークシュピッツェ[山]ホーエンシュバンガウ城フリッツ シェファーアシャッフェンブルクインゴルシュタットオーバーアマーガウリース・クレーターベルヒテスガーデンキリスト教社会同盟カルミナ・ブラーナシュワインフルトエッタール修道院バンベルク大聖堂

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイエルン州の関連情報