コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖体の祝日 せいたいのしゅくじつ festum sanctissimi corporis Christi

1件 の用語解説(聖体の祝日の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖体の祝日
せいたいのしゅくじつ
festum sanctissimi corporis Christi

三位一体の祝日(復活祭から 8週目の日曜日)後の木曜日に祝われるカトリック教会の祝日。いわゆる聖体(パンとぶどう酒)のなかにキリストのからだが実際に現存することをあがめる。1246年リエージュベルギー)に起こり,15世紀までに全西方教会に広まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖体の祝日の関連キーワード三位一体論山の日祝日三位一体大聖堂ギリシアの復活祭三位一体主日《三位一体論》(アウグスティヌス)《三位一体論》(ノウァティアヌス)《三位一体論》(ヒラリウス)地上の三位一体