コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖体の祝日 せいたいのしゅくじつfestum sanctissimi corporis Christi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖体の祝日
せいたいのしゅくじつ
festum sanctissimi corporis Christi

三位一体の祝日復活祭から 8週目の日曜日)後の木曜日に祝われるカトリック教会の祝日。いわゆる聖体(パンとぶどう酒)のなかにキリストのからだが実際に現存することをあがめる。1246年リエージュ(ベルギー)に起こり,15世紀までに全西方教会に広まった。一般に聖体行列が行なわれる。プロテスタント諸教会では廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android