コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖体の祝日 せいたいのしゅくじつfestum sanctissimi corporis Christi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖体の祝日
せいたいのしゅくじつ
festum sanctissimi corporis Christi

三位一体の祝日(復活祭から 8週目の日曜日)後の木曜日に祝われるカトリック教会の祝日。いわゆる聖体(パンとぶどう酒)のなかにキリストのからだが実際に現存することをあがめる。1246年リエージュベルギー)に起こり,15世紀までに全西方教会に広まった。一般に聖体行列が行なわれる。プロテスタント諸教会では廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone