コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖体の祝日 せいたいのしゅくじつfestum sanctissimi corporis Christi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖体の祝日
せいたいのしゅくじつ
festum sanctissimi corporis Christi

三位一体の祝日復活祭から 8週目の日曜日)後の木曜日に祝われるカトリック教会の祝日。いわゆる聖体(パンとぶどう酒)のなかにキリストのからだが実際に現存することをあがめる。1246年リエージュ(ベルギー)に起こり,15世紀までに全西方教会に広まった。一般に聖体行列が行なわれる。プロテスタント諸教会では廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

聖体の祝日の関連キーワードウルバヌス4世三位一体聖体祭賛歌聖心

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android