コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖体 せいたい Eucharist

翻訳|Eucharist

6件 の用語解説(聖体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖体
せいたい
Eucharist

おもにカトリック教会で使われる用語。聖餐式 (ミサ) で聖別されたパンとぶどう酒をいい,聖別の言葉とともにパンとぶどう酒は実体変化して,キリストの真のからだと血になるとされる。ここから日本語では聖体と訳され,このパンとぶどう酒を食することを聖体拝領という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せい‐たい【聖体】

天子のからだ。玉体。
イエス=キリストのからだのこと。カトリック教会の秘跡で、パンとぶどう酒の形をとってキリストのからだと血が現存するとする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

聖体【せいたい】

パンとブドウ酒との外観のもとに臨在するとされるキリストをいうカトリック教会の用語。英語ではEucharistといい,聖餐に同じ。特にパンを指すことが多く,聖体奉挙聖体顕示聖体降福式聖体行列聖体祭といった典礼行事も知られる。
→関連項目復活祭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいたい【聖体 Eucharist】

キリスト教の儀礼の中心である聖餐において,聖別されたパンとブドウ酒の形態に現在するキリストを表す用語。原語は聖餐と共通。中世におけるサクラメントの見方は,ラドベルトゥス以来の聖体論争見られるように,サクラメントにおける恩恵の働きの実在を,素材の中に実体的に対象化して考える傾向が強く,その中で,聖別された素材は恩恵の単なる象徴にすぎないとするトゥールベレンガリウスの説は異端として退けられた。そのため,聖餐のサクラメントにおけるしるしキリストの体と血をともに食する行為ではなく,目で仰いで礼拝の対象とするパンの形態にその関心が集中し,その影響は典礼にまで及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいたい【聖体】

天皇の体。玉体。
カトリック教会で、聖別されキリストの体となったパン。また、聖体の秘跡のこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖体
せいたい
Eucharist

カトリック教会の七つの秘蹟(ひせき)(サクラメント)の一つ。字義的にはイエス・キリストの聖なる体という意味だが、もとは感謝を意味するギリシア語「エウカリスチア」Eucharistiaの訳語である。プロテスタント教会ではこれを聖餐(せいさん)とよぶ。キリストは自分の死の前夜、12人の弟子と晩餐をともにした。このときキリストは、パンとぶどう酒をとり、感謝を捧(ささ)げたあと、弟子たちに与えながら、パンは自分の体であり、ぶどう酒の杯(さかずき)は自分の血による新しい契約であるといって、「私の記念としてこのように行え」と命じた(「ルカ伝福音(ふくいん)書」22章19~20、「コリント書I」11章23~26)。初代教会ではこのキリストのことばに従ってパンとぶどう酒による記念祭儀を行い、以後ミサ聖祭の形に発展して今日に至っている。
 カトリック教会では、ミサのとき司祭がパンとぶどう酒をとって、キリストが最後の晩餐でいったのと同じことばを唱えるとき、パンとぶどう酒の形色のもとにキリストの真の体と血が現存するようになると信じている。キリストの血と体はキリストの全存在と救いの働きを具体的に示す。この体はイエスの人格の可感的な現れであるだけではない。イエスは弟子たちにそれを食べるように渡したので、それはキリスト者にとって全心身のための霊的食物である。そのうえ、イエスは人類の罪の許しのために血を流し、この血の杯を神と人類の間に結ばれた契約となした。
 特別のミサのときは、信者はパンとぶどう酒の両形色を拝領するが、通常のミサではパンだけをいただく。キリストの体にはキリストの全実在が含まれているからである。また、ミサのあとも、聖別されたパンを聖堂内に保存し、信者はこの聖体の前で祈り、キリストの十字架と復活のわざを思い起こし、感謝する。[門脇佳吉]

聖餐論争

このようなカトリック教会の教えに対して異論が現れ、9世紀と11世紀に論争が起こった。だが本来の意味での聖餐(聖体)論争は16世紀の宗教改革のときのものである。すなわち、ルターはパンとぶどう酒はその実体を保持したままで、キリストの体と血になるという実在説を主張したのに対して、ツウィングリはパンとぶどう酒はキリストの血肉には変化せず、ただそれを象徴する記号にすぎないという象徴説を唱えた。以後プロテスタント教会には種々の教説が発生した。[門脇佳吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の聖体の言及

【聖餐】より

…聖書朗読によることばの典礼を通して秘跡の典礼に入るので,この中心部分を〈感謝の典礼〉と呼ぶ。さらにその中で聖別されたパンとブドウ酒(特にパン)にも同じ言葉が使われるようになり,これを日本語でカトリック教会では〈聖体〉と呼び,プロテスタント教会では一般に聖別の制定句と陪餐(聖体拝領)を含むHoly Communionの訳語として〈聖餐〉が使われている。〈聖体〉は聖別されたパンとブドウ酒のほうに,〈聖餐〉はそれによるキリスト者の交わりの行為全体についてエキュメニカルに(教会一致の立場に立って)用いることができる。…

【肉】より

… 肉と霊,肉体と精神の二元論は宗教が成立する基盤である。イエスの生誕を〈受肉〉と言うキリスト教のカトリックの教義には七つの秘跡(サクラメント)があり,その一つが聖体または聖餐の秘跡である。別名〈肉と血の秘跡〉で,信者がキリストの肉と血を象徴するパンとブドウ酒を受けることをいい,新約聖書にあるように,キリストが〈最後の晩餐〉のときにこれを定めたとされる。…

※「聖体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

聖体の関連キーワードキリスト教社会主義聖体論争典礼ミサキリスト教会司式聖餐式耶蘇キリスト教徒復活徹夜祭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖体の関連情報