肌を合わせる(読み)ハダヲアワセル

デジタル大辞泉の解説

肌(はだ)を合わ・せる

男女が肉体関係を結ぶ。
しめしあわせる。ぐるになる。
「時に親方と―・せ、手形の日付をとっと跡の月にして」〈浄・反魂香

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はだをあわせる【肌を合わせる】

男女が肉体関係を結ぶ。
しめしあわせる。ぐるになる。腹を合わせる。 「此の惣兵衛と-・せ、羽交はがいに付て廻らつしやれ/浄瑠璃・淀鯉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はだ【肌】 を 合(あ)わせる

① 人々が心を合わせて物事にあたる。心を一つにする。はだえを合わせる。
浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「此惣兵衛とはだをあはせ、はがひに付てまはらっしゃれ」
② 良からぬことをするために、あらかじめ仲間同士で打合わせる。しめし合わせる。ぐるになる。腹を合わせる。
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)中「時に親方とはだを合せ、手形の日付をとっと跡の月にして」
③ 男女が肉体関係を結ぶ。男女がいっしょに寝る。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肌を合わせるの関連情報