日付(読み)ひづけ

精選版 日本国語大辞典「日付」の解説

ひ‐づけ【日付】

〘名〙
① 文書などに、その作成または提出した年月日を付記すること。また、その記した年月日
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「父は日記し、〈略〉日つけしなどしておきて侍けるを」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「免許の日附を更めて」
② 暦やカレンダーに記される、その日が何日であるかを示す数字。「零時を過ぎて日付が変わる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「日付」の解説

ひ‐づけ【日付】

文書などに、その作成・提出などの年月日を記すこと。また、その年月日。「領収書に日付を入れる」
暦に記された、年月日を表す数字。「午前零時を過ぎて日付が変わる」
[類語]日時デート日にち日取り期日時日じじつ年月日

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android