コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝炎対策基本法 カンエンタイサクキホンホウ

デジタル大辞泉の解説

かんえんたいさく‐きほんほう〔‐キホンハフ〕【肝炎対策基本法】

肝炎を国内最大の感染症として認識し、肝炎対策の基本指針・基本的施策などについて定めた法律。居住地域にかかわらず適切な肝炎検査・治療が受けられることを目指すなど、肝炎対策の基本理念が示されている。平成22年(2010)施行。→薬害肝炎救済法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

肝炎対策基本法の関連キーワードウイルス性肝炎と救済法肝炎患者をめぐる動き薬害C型肝炎訴訟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝炎対策基本法の関連情報