コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝炎対策基本法 カンエンタイサクキホンホウ

デジタル大辞泉の解説

かんえんたいさく‐きほんほう〔‐キホンハフ〕【肝炎対策基本法】

肝炎を国内最大の感染症として認識し、肝炎対策の基本指針・基本的施策などについて定めた法律。居住地域にかかわらず適切な肝炎検査・治療が受けられることを目指すなど、肝炎対策の基本理念が示されている。平成22年(2010)施行。→薬害肝炎救済法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

肝炎対策基本法の関連情報