コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝管 かんかんhepatic duct

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肝管
かんかん
hepatic duct

胆汁を排泄する肝臓内の胆管は,肝実質内で集合し,次第に太くなって最終的に肝臓の左右両葉から1管ずつ肝臓外に出るが,これを肝管という。左右の肝管は肝門で合流して1本の総肝管となり,次いで胆嚢管と合して総胆管となり,膵管と合流して十二指腸に出る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐かん〔‐クワン〕【肝管】

肝臓で作られた胆汁を集めて運ぶ細い管。左葉と右葉から出て、肝門部で合流して総肝管となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

肝管

 肝臓での胆汁の通路

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんかん【肝管】

肝臓で生成された胆汁を運ぶ管。左右両葉から出て肝門で合流して総肝管となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肝管の関連キーワード胆道(胆管、胆嚢)のしくみとはたらき(先天性)胆道閉鎖症先天性胆道閉鎖症先天性胆道拡張症胆嚢炎/胆管炎膵(臓)がん総胆管拡張症総胆管閉塞症肝外胆管癌胆道がん胆道閉塞胆石症輸胆管胆管炎胆嚢消化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝管の関連情報