肥松木工品(読み)こえまつもっこうひん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

肥松木工品[木工]
こえまつもっこうひん

四国地方、香川県の地域ブランド。
高松市で製作されている。樹齢数百年の老松の幹の部分を肥松という。讃岐では昔から脂分を多く含んで良質のものを採ることができた。香川県では、江戸時代末頃にはすでに肥松を用いた木工品がつくられていたという。香川県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android