高松市(読み)たかまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高松〔市〕
たかまつ

香川県中央部,高松平野の中心をなす中核市男木島女木島,大島諸島を含む。県庁所在地。北部は瀬戸内海に面し,南にかけて緩やかな丘陵地帯が香東川流域に広がる。南部は竜王山大滝山などの讃岐山脈を隔てて徳島県に接する。瀬戸内気候に属し,一年を通じて温暖で雨が少なく,平野,丘陵地にはため池が多数点在する。 1890年市制。 1914年宮脇村,1921年東濱村,栗林村,1940年屋島町と太田村など4村,1956年には2町 13村,1966年山田町,2005年塩江町,2006年香川町,香南町,国分寺町,庵治町,牟礼町をそれぞれ編入。中心市街地の高松は城下町で,水城の高松城 (玉藻城) は生駒親正が天正 16 (1588) 年に築いたもので,市名の由来となった。城跡は国の史跡に指定。丸亀出身の町民をこの地に移した丸亀町を城下町の中心とし,この西側に侍屋敷,裏通りに職人町を置いた。寛永 19 (1642) 年徳川光圀の兄松平頼重がこの城に入り (→高松藩 ) ,以後,代々の藩主が中国,四国の諸藩を監察した。明治4 (1871) 年香川県庁が置かれた。 1910年宇高連絡船が開業。予讃線,土讃線,高徳線の各鉄道の起点となり,四国の玄関口となる。 1945年空襲で中心市街地の大部分を焼失したが,その後は四国を管轄する官庁,会社の出先機関の多くが集中する管理機能都市として発達した。家具,漆器,ちり紙,秤,カキ (柿) ,マツの盆栽などが特産品。農村部では,米,果樹,野菜の栽培が行なわれる。県内有数のノリ養殖地でもある。良質の花崗岩である庵治石の加工業が有名。四国八十八ヵ所の第 80番札所国分寺,第 82番札所根香寺,第 83番札所一ノ宮寺,第 84番札所屋島寺,第 85番札所八栗寺がある。国指定特別名勝の栗林公園,国指定特別史跡の讃岐国分寺跡,国指定史跡の石清尾山古墳群など,名所旧跡が多数あり,観光都市としての性格も強い。風光明媚な景勝地も多く,国指定史跡および天然記念物の屋島,女木島や五色台などは瀬戸内海国立公園に属する。また南部の徳島県境の山あいは大滝大川県立自然公園に含まれる。中西部に高松空港がある。四国横断自動車道が東西に通じ,高松中央,高松檀紙インターチェンジがある。 JR各線のほか高松琴平電気鉄道各線,国道 11号線,32号線,193号線などが縦横に走る。面積 375.41km2。人口 42万748(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高松市の関連情報