コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩焼(き)/肩灼き カタヤキ

デジタル大辞泉の解説

かた‐やき【肩焼(き)/肩×灼き】

上代、鹿の肩の骨を焼いて、そのひび割れで吉凶うこと。太占(ふとまに)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

肩焼(き)/肩灼きの関連キーワード上代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android