コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太占 ふとまに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太占
ふとまに

古代の卜占の一種。「太兆」「布斗麻邇」とも書き,「鹿占」ともいう。「ふと」は美称。雄鹿の肩甲骨を波波鹿 (ははか) の木 (うわみずざくら) の皮を炭火にしたもので焼き,その町形 (まちがた) に表われる割れ目の模様によって,吉凶を判断する。アメノコヤネノミコトが司ったと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふと‐まに【太占/太兆】

上代の占いの一。鹿の肩の骨を焼き、その割れ目の形で吉凶を占う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

太占【ふとまに】

古代の日本で行われた占いの一種。太兆,布斗麻邇とも記。雄ジカの肩甲骨(けんこうこつ)を波波迦(ははか)(カニワザクラ,カバザクラ,カンバなど)の樹皮で焼き,その骨の表面に現れる割れ目の模様で吉凶を判断する。
→関連項目占い

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふとまに【太占】

古代卜占の一種で,〈布斗麻邇〉とも〈太兆〉とも書く。記紀には伊弉諾(いざなき)尊・伊弉冉(いざなみ)尊が国土生成のおり,いかにして良き子を得ることができるか問うたところ,天神(あまつかみ)が太占によってうらなって教えてくれたとみえる。その方法は,《古事記》天岩屋戸の段に〈天香山の真男鹿(まおしか)の肩を内抜きに抜きて,天香山の天波波迦(あめのははか)を取りて,占合(うらない)まかなはしめて〉とあるように,鹿の肩甲骨を波波迦(ははか)(カニワザクラのこと,ウワミズザクラの古名という)にて焼き,割れ目の模様でうらなうものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふとまに【太占】

古代の占いの一種。鹿の肩甲骨を焼き、骨のひび割れの形によって吉凶を判断する。 「天つ神の命みこと以ちて、-に卜相うらなひて/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太占
ふとまに

古代に行われた卜占(ぼくせん)の一種。その方法は牡鹿(おじか)の肩骨を波波迦(ははか)(上溝桜(うわみずざくら)の古名)の木皮で焼き、そこにできた割れ目の模様によって占うのである。『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)に「骨を灼(や)きて以(もっ)て吉凶を占う」とあるのは、太占のことを述べたものである。のち中国より亀卜(きぼく)の法が伝わるに及び、しだいに廃れた。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太占の言及

【占い】より

…【三浦 国雄】
【日本】
 〈うらない〉という語は,隠された裏の世界を知って表の世界の事象と照合させる〈裏合い〉に由来すると一般に考えられているが,木の幹に対する末(うれ,うら)つまり小枝の先端部の変化によって占いをしたことに由来する語との説もある。日本では,鹿の骨を用いた太占(ふとまに),中国から導入された亀甲を焼いてする亀卜,陰陽五行説による易占などが,国家的レベルで行われた占いであった。律令制のもとでは亀卜は神祇官の卜部氏が管掌し,易占や星占いなどは陰陽寮の陰陽師・宿曜師が管掌し,官卜寮占と併称された。…

※「太占」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太占の関連キーワード国学(学問、学派)肩抜きの占魏志倭人伝武富 邦鼎石井良助神祇志料御占神事上代卜部占ふ肩焼肩灼占形亀卜

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android