コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩衣袴 カタギヌバカマ

大辞林 第三版の解説

かたぎぬばかま【肩衣袴】

小袖に肩衣と袴をつけた姿。室町末期には武士の正装となる。近世の裃かみしもの前身。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の肩衣袴の言及

【裃∥上下】より

…いずれも紋付の熨斗目(のしめ)小袖の上に着ける。裃で上と下の共布でないものは肩衣袴,もしくは継裃(つぎがみしも)とよばれ,これは平服である。裃は元来御目見(おめみえ)以下の上下役(かみしもやく)という下士までの公服で,それ以下のものは羽織袴勤めと称して裃の着用は許されなかったが,後しだいにこのきまりがゆるんで,ついには庶民でも冠婚葬祭に裃に小刀を帯びて人前へ出るようなことになった。…

【手無】より

…布も木綿から絹物までにわたり,単(ひとえ),袷(あわせ),綿入れもあり,上着にも間着(あいぎ)にも用いられた。江戸時代の裃の前身が肩衣袴(かたぎぬばかま)(肩衣と袴)と呼ばれていたのは,布肩衣と同様,無袖の形によるものと思われる。【山下 悦子】。…

※「肩衣袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報