肱(漢字)

普及版 字通「肱(漢字)」の解説


8画

(異体字)
4画

[字音] コウ
[字訓] かいな・ひじ

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(こう)。は右の腕をまげて弓などを引く形。〔説文〕三下に「は臂(ひぢ)の上なり」という。〔易〕を伝えたという臂(かんび)子弓は臂と弓と名字対待。肱()はその弓を引く腕をいう。〔論語、述而〕「肱を曲げて之れを枕とす」とは、世離れた気楽な生活をする意。

[訓義]
1. かいな、うで。
2. 国語では、ひじ。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕肱 可比奈(かひな)〔名義抄〕肱 カヒテ(ナ)・ヒヂ・モモ

[声系]
は肱の初文。〔説文〕に声として雄・宏・・紘など、六字を収める。雄は右に従う字。他はみな張大の意をとる。

[語系]
肱()kuang、宏・hong、弘hungは声近く、みな宏大の意があり、一系の語である。廣(広)kuang、匡khiuangも同系の語とみてよい。

[熟語]
肱禁肱支・肱比肱髀肱膂
[下接語]
横肱・奇肱・麾肱・曲肱・玉肱・股肱・脩肱・折肱・長肱・枕肱・翼肱・良肱・連肱

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android