育成選手

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

育成選手

支配下選手枠(1球団70人)のほかに、育成目的として選手を保有できる制度。2005年にできた。支配下選手が65人以上いる球団のみ、保有できる。オープン戦や2軍の試合には出場できるが、1軍の公式戦には出られない。参稼報酬年俸)の最低額は支配下420万円に対し、230万円で背番号は3桁。これまで山口、松本(いずれも巨人)が新人王に輝いている。

(2015-05-12 朝日新聞 朝刊 スポーツ1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

育成選手の関連情報