コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

育薬 いくやく

知恵蔵の解説

育薬

薬品は他の工業製品などと異なり、新たに開発された時点で完成された製品として市販されるものではない。治験の段階では限定されたごく少数の患者に対してのみ適用され、得られる情報が限られているためである。従って、市販後に多くの患者に適用されて初めて、最適な使用法や新たな副作用が発見されることがある。また市販後も臨床試験や解析を重ねることで、新たな効果や、より適切な使用法が見いだされたり、逆に、治験段階での有効性や安全性に関する情報が覆されたりする。こうした過程(段階)は、「より適切な使用法に関する情報を増やす」という過程であり、「育てる」イメージに近いことから、従来の創薬という用語に対して、育薬という用語が使用される。育薬には薬剤師の行う薬剤業務(従来の臨床薬学)の一部も含まれる。育薬は患者等の協力が必要であり、その協力者(患者または健常者)を育薬ボランティアと呼ぶ。

(澤田康文 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

大辞林 第三版の解説

いくやく【育薬】

すでに市販されている薬品を使用している患者の状態や、使用方法による効果や副作用を調査し、より適切な使用法を完成させようという研究や考え方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

育薬の関連キーワード眞砂享子考え方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

育薬の関連情報