コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺動脈絞扼術 はいどうみゃくこうやくじゅつpulmonary artery banding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肺動脈絞扼術
はいどうみゃくこうやくじゅつ
pulmonary artery banding

肺動脈の絞扼によって肺血流量を減少させ,肺血管病変の進展を防ぐ姑息的手術をいう。開胸して合成繊維布で肺動脈幹に狭窄部分をつくる。うっ血性心不全や呼吸器感染を繰返し,体重増加がみられず,根治手術が困難と考えられる重症の乳幼児心室中隔欠損症に対して行われる。ほかに,心室中隔欠損合併の肺血流量の多い完全大血管転位症,両大血管右室起始症などの乳児にも応用される。 1952年,W.J.ミュラーによって考案された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

肺動脈絞扼術の関連キーワード心室中隔欠損(症)三尖弁閉鎖(症)共通房室弁口

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android