コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃性下痢 いせいげり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胃性下痢
いせいげり

胃になんらかの原因があっておこる下痢で、胃液低酸(胃酸減少)の場合が多いが、高酸(過酸)のこともある。低酸や無酸で下痢がおこる仕組みには、腸内常在菌の上行性移動と異常増殖のほか、胃液中のペプシンの活性化不全、十二指腸粘膜から分泌される胃腸ホルモン(セクレチン、コレシストキニン・パンクレオザイミン)の放出低下に伴う膵液(すいえき)や胆汁の分泌不全でおこる消化吸収不良などが関与している。低酸は慢性胃炎や老化現象としての胃粘膜萎縮(いしゅく)(胃腺(いせん)の減少)によっておこる。特殊なものにWDHA症候群がある。WDHAは水様下痢、低カリウム血症、胃液無酸の略称で、セクレチン類似のポリペプチド(VIP)を産生する細胞の腫瘍(しゅよう)である。無胃性下痢は胃切除術後にみられる下痢で、切除範囲が大きいほどおこりやすく、ビルロート法(十二指腸を空置した胃‐空腸吻合(ふんごう))で再建した場合にも消化吸収障害、下痢がおこりやすい。これは低酸に加えて胃腸ホルモン(ガストリンやセクレチンなど)放出刺激がおこらないためである。
 なお、高酸性下痢はガストリン生産細胞の腫瘍であるゾリンジャー‐エリソンZollinger-Ellison症候群でみられる。[細田四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の胃性下痢の言及

【下痢】より

…下痢は心理的な緊張や動揺に一致してあらわれ,種々の自律神経系の失調症状(倦怠感,肩こり,頭重,不眠)を伴っている。慢性下痢のうち,その原因が胃の機能的・器質的障害にもとづくと考えられるものに胃性下痢がある。胃液酸度の減少によりタンパク質の消化が不十分となり腐敗性下痢の原因となると考えられている。…

※「胃性下痢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android