コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡秋原 こしゅうげんHu Qiu-yuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胡秋原
こしゅうげん
Hu Qiu-yuan

[生]宣統3(1910)
[没]2004.5.24.
中国の評論家。湖北省の人。日本に留学して早稲田大学を卒業し,帰国して大学の教壇に立つかたわら,評論活動を行なった。国民党に参加したこともあり,1932年蘇 汶 (そぶん) らと「文芸の自由」を唱え左翼作家連盟と対立して論争し,解放後は台湾に移り,立法院委員などになった。著書『帝国主義と中国革命』『唯物史観芸術論』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

胡秋原の関連キーワード早稲田大学社会史論戦評論家湖北省国民党教壇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android