コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡麻の葉草 ゴマノハグサ

デジタル大辞泉の解説

ごまのは‐ぐさ【×胡麻の葉草】

ゴマノハグサ科の多年草。湿気のある草地に生え、高さ約1.2メートル。ゴマに似た葉をもち、夏、黄緑色の壺形の花を総状につける。根を乾燥したものを漢方で玄参(げんじん)といい、解熱・消炎薬として用いる。ゴマノハグサ科は約3000種が世界に広く分布し、草本または木本で、両性花ジギタリスオオイヌノフグリキリなどが含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごまのはぐさ【胡麻の葉草】

ゴマノハグサ科の多年草。原野に自生。茎は高さ1.5メートルに達する。葉は長卵形でゴマの葉に似る。夏、茎頂に黄緑色のつぼ形の小花が、細長い円錐花序につく。根を消炎・解熱薬として用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

胡麻の葉草の関連キーワード解熱薬小花原野自生

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android