解熱(読み)ゲネツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「げ」は「解」の呉音) 病気などで高くなった体温を下げること。また、高い体温が下がること。
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉四三「其翌日もう解熱(ゲネツ)したのを幸ひに起き出でた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の解熱の言及

【体温】より

…細菌感染による発熱が41℃を超えることはまれである。解熱期には,体温上昇期とは対照的な反応がおこり,皮膚血管の拡張や発汗がみられる。疾患によっては特有な熱型を示すものもある。…

※「解熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解熱の関連情報