解熱(読み)げねつ

精選版 日本国語大辞典「解熱」の解説

げ‐ねつ【解熱】

〘名〙 (「げ」は「解」の呉音) 病気などで高くなった体温を下げること。また、高い体温が下がること。
※続俳諧師(1909)〈高浜虚子〉四三「其翌日もう解熱(ゲネツ)したのを幸ひに起き出でた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の解熱の言及

【体温】より

…細菌感染による発熱が41℃を超えることはまれである。解熱期には,体温上昇期とは対照的な反応がおこり,皮膚血管の拡張や発汗がみられる。疾患によっては特有な熱型を示すものもある。…

※「解熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android