コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリ

デジタル大辞泉の解説

きり【×桐】

ゴマノハグサ科の落葉高木。高さ約10メートル。樹皮は灰白色。葉は大形の広卵形で長い柄をもち、対生。5月ごろ、紫色の鐘状の花が円錐状に集まって咲く。実は熟すと殻が裂け、翼をもった種子が出る。材は白く、軽くて狂いが少なく、げた・たんすなどに重用。中国の原産。しろぎり。 花=夏 実=秋》
紋所の名。桐の花と葉をかたどったもの。五七の桐五三の桐・唐桐(からぎり)など。
1の材で作るところから》琴。
2を打ってあるところから》大判・小判などの判金。また、金銭。
「籠を出る鳳皇―の光なり」〈柳多留・七一〉

とう【桐】[漢字項目]

人名用漢字] [音]トウ(漢) [訓]きり
〈トウ〉木の名。キリ。「桐油梧桐(ごとう)
〈きり(ぎり)〉「青桐
[名のり]ひさ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

ゴマノハグサ科キリ属の落葉広葉樹。漢字表記では桐、英語表記では「paulownia」。材の性質としては日本の木材中最も軽く、切削等の加工は容易であるが、その反面、強度は劣る。湿気を通過することが少なく、割れ、狂いが少ない。研磨すれば光沢を出す。 特性を活かして収納用の家具材としてよく用いられる。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

きり【桐】

ゴマノハグサ科の落葉高木。古くから各地で植栽される。葉は長い柄がある大きな広卵形で、軟腺毛を密生。初夏、枝頂に淡紫色の花を多数円錐状につける。材は軽く狂いが少ないので簞笥たんす・琴・下駄などにする。 〔「桐の花」は [季]夏。《-の花日かげを為すに至らざる/虚子》〕
模様・紋章の一。桐の花や葉を図案化したもの。皇室の紋章。また神紋にも用いられる。五七の桐、五三の桐など。 → 桐の薹
花札で12月にあたる札。
〔胴に桐材を用いるので〕 琴の異名。
〔桐紋の極印ごくいんを打ってあるので〕 大判・小判、また、金銭の異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

桐 (キリ)

学名:Paulownia tomentosa
植物。ゴマノハグサ科の落葉高木,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

桐の関連キーワード福島県喜多方市押切南島根県松江市奥谷町大川総桐箪笥更にも言わず月夜野桐箪笥南部総桐箪笥引付け下駄伊勢崎桐箱男の子御子市川助寿郎もて悩み種萩野八重桐小猿七之助楼門五三桐会津桐下駄取り分き唐土の歌寺井玄東井上挹翠思ひどち

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桐の関連情報