コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸腔鏡検査 きょうくうきょうけんさthoracoscopy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胸腔鏡検査
きょうくうきょうけんさ
thoracoscopy

人工的に胸腔内に空気を送り込んで気胸を起し,肺を収縮虚脱させたのちに直達鏡を挿入して,肺や胸膜表面の観察をしたり,癒着の焼灼切離を行う方法。スウェーデンの外科医 H.C.ヤコベウス (1879~1937) がこの方法で肺尖部の胸膜癒着の焼灼に成功 (1913) して以来,肺結核に対する肺萎縮療法の1つとして発達したが,現在では治療法としてはほとんど用いられない。しかしグラスファイバ製の胸腔鏡が肺癌などの診断で再評価されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android