コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胼胝性潰瘍 べんちせいかいよう callous ulcer

1件 の用語解説(胼胝性潰瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胼胝性潰瘍
べんちせいかいよう
callous ulcer

消化性潰瘍の潰瘍底は,組織学的に表層性線維素滲出層,類線維素壊死化層,肉芽層,瘢痕層の4層に区別できるが,このなかの瘢痕層で線維性組織の増殖が特に強いものを胼胝性潰瘍という。この組織の増殖が異常に盛んになると,潰瘍の範囲をこえて腫瘤を形成することもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胼胝性潰瘍の関連キーワード胃潰瘍十二指腸潰瘍消化性潰瘍制酸薬角膜潰瘍化バクテリア性潰瘍ミルク-アルカリ症候群迷走神経切断コッホ現象痔裂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone