コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胼胝性潰瘍 べんちせいかいようcallous ulcer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胼胝性潰瘍
べんちせいかいよう
callous ulcer

消化性潰瘍の潰瘍底は,組織学的に表層性線維素滲出層,類線維素壊死化層,肉芽層,瘢痕層の4層に区別できるが,このなかの瘢痕層で線維性組織の増殖が特に強いものを胼胝性潰瘍という。この組織の増殖が異常に盛んになると,潰瘍の範囲をこえて腫瘤を形成することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

胼胝性潰瘍の関連キーワード消化性潰瘍

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android