コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登部 のとべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能登部
のとべ

石川県能登半島の基部にある旧鹿西町の中心地区。旧町名。 1956年金丸 (かねまる) 村と合体して鹿西町となる。 2005年中能登町となった。邑知潟平野にあり,江戸時代以前から能登上布の産地として知られる。 JR七尾線能登部駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能登部
のとべ

石川県能登半島中央部、鹿島(かしま)郡中能登(なかのと)町の一地区。近世以来、能登上布の産地として知られる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

能登部の関連キーワード河合与三右衛門雨の宮古墳群戸部 隆吉鹿西[町]能登上布園田道閑阿尾城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android