上布(読み)じょうふ

日本大百科全書(ニッポニカ)「上布」の解説

上布
じょうふ

薄地の良質な麻織物の着尺地を上布という。現在では、このような麻織物に似せてつくった絹、綿、化合繊の織物にも上布の名を使うことがある。上布の意味は、上等の布というのではなく、上納のための布ということで、江戸時代には武士の正装が麻織物であったため、運上などによりこれを上納させたので、これが一般的名称として使用されるようになった。

 新潟県小千谷(おぢや)地方で織られる越後(えちご)上布、石川県能登(のと)半島の能登上布、滋賀県の近江(おうみ)上布、鹿児島県の薩摩(さつま)上布などがよく知られている。ただ薩摩上布は藩から上納するときの名称で、これには宮古(みやこ)上布、八重山(やえやま)上布が含まれる。もと晒(さら)したものであったが、無地染め、縞(しま)物、絣(かすり)物などができ、材料も麻から絹、レーヨン、綿などの交織で同様な風合いを出したものがつくられた。薄くてしゃりっとした感触が好まれ、夏季用の着尺地として広く使われる。

[角山幸洋]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「上布」の解説

上布【じょうふ】

おもにチョマカラムシ)やタイマから採った手紡ぎを用いて平織にした上質の麻布。江戸時代には精巧なものが作られ,上納布,献上布として幕府に納められた。近年はチョマやアマの機械紡績糸をはじめ,絹,綿,化繊,合繊によるものも広く上の名で呼ばれている。産地により越後上布能登上布,近江(おうみ)上布,宮古上布などがある。普通は先染にして,縞(しま),絣(かすり)を織り出す。薄地で堅く,肌(はだ)に密着せず通気性に富むので,夏の代表的な着物地となっている。
→関連項目麻織物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「上布」の解説

上布
じょうふ

カラムシ(チョマ〈苧麻〉)やタイマ(大麻)を手で紡いだ糸を平織にした上質の麻布またはその着尺地(きじゃくじ。→和服地)。江戸時代に藩主や幕府へ上納する品について麻の上質織物という味で称したものらしい。薩摩上布,越後上布(2009世界無形遺産に登録)が有名で,帷子として大量に着られた。明治以降は原糸の種類にかかわらず,麻に似た薄手でやや堅い風合いの夏物着尺地にもこの名称をつけている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「上布」の解説

じょう‐ふ ジャウ‥【上布】

〘名〙 薄地の良質な麻織物の着尺地。薩摩上布・越後上布・能登上布などが有名。《季・夏》
※随筆・西遊記(新日本古典文学大系所収)(1795)四「惣じて琉球に附属したる小嶋数百千有となり。上布、芭蕉布、砂糖の類は此嶋々より出る事なり」

うわ‐の うは‥【上布】

〘名〙 細い良質な麻糸を平織りにした麻織物。じょうふ。
※俳諧・毛吹草(1638)五「見初るは霞の絹の上(ウハ)の哉〈弘永〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「上布」の解説

じょうふ【上布】

細密で品質のよい上等の麻布をいい,平織の夏着尺地を指す。〈上布〉の語は,献上,上納された布の意とのもあるが,江戸時代には上布,中布,下布などの呼称があり,糸の細いものを上布と呼んだ。日本に自生,もしくは植栽する苧麻(ちよま)(カラムシ,ラミー)や大麻から採った苧(お)を,細かく精良に手績(てうみ)した糸を経緯に使い織り上げたもので,越後上布宮古上布八重山上布,能登上布等が歴史も古く有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の上布の言及

【アサ(麻)】より

…日本へは,ラミーは中国,ブラジル,フィリピンから約3000t(1995)輸入された。チョマ(カラムシ)で織った夏の和服地を上布といい,越後上布,薩摩上布などがあり,また一部タイマを混織した能登上布がある。(3)タイマ 旧ソ連,ヨーロッパ,アジア(インド,中国など),南アメリカ,アメリカ合衆国で栽培される。…

【チョマ(苧麻)】より

…ラミーramie,マオ(真苧)ともいい,茎から靱皮繊維をとる(イラスト)。その繊維で織った布を上布(じようふ)と呼び,越後上布,小千谷縮(ちぢみ),宮古上布などが有名で,産地によって特色がある。イラクサ科の多年草で,茎は直立し,高さ1~2m。…

※「上布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android