中能登町(読み)なかのと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中能登〔町〕
なかのと

石川県,能登半島基部の宝達丘陵邑知潟平野中央部にかけてある町。南東で富山県に接する。 2005年鳥屋町,鹿島町,鹿西町が合体して発足。基幹産業は繊維産業と農業。米作が中心だが,畑作も盛んで蔬菜,マメ類なども栽培される。古くから機業が盛んで,能登上布の産地として知られる。上布のほか絹,合成繊維の機業も発達し,能登機業地域の中心地。町域西部にある 36基からなる雨の宮古墳群と東部の石動山は国指定史跡。石動山は能登半島国定公園に属し,南部の富山県境の碁石ヶ峰から石動山にいたる丘陵一帯は碁石ヶ峰県立自然公園に指定。 JR七尾線,国道 159号線が通る。面積 89.45km2。人口 1万7571(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中能登町の関連情報