脇備(読み)わきぞなえ

精選版 日本国語大辞典 「脇備」の意味・読み・例文・類語

わき‐ぞなえ ‥ぞなへ【脇備】

〘名〙 陣立の名。本陣左右にある隊。
甲陽軍鑑(17C初)品一二「此衆脇備(ワキソナヘ)後備の衆にて有つるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android