コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱水縮合 ダッスイシュクゴウ

デジタル大辞泉の解説

だっすい‐しゅくごう〔‐シユクガフ〕【脱水縮合】

縮合する2個の分子がそれぞれ水素原子と水酸基(-OH)を失って水分子が離脱し、新たな化合物をつくる反応。
[補説]例えば、カルボン酸(R-COOH)とアルコール(R-OH)が縮合するとき、カルボキシル基(-COOH)からOH、アルコールの水酸基(-OH)からHが分離し結合して水分子が離脱する一方、残ったカルボキシル基のCOと水酸基のOが結合してエステル結合(-COO-)が形成される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

脱水縮合の関連キーワードピロリン酸(ピロ燐酸)ポリエチレングリコールリン酸二水素ナトリウムフェニルヒドラゾンクネフェナゲル縮合インドフェニン反応アミノレブリン酸ペプチドグリカンチオエステル結合ジケトピペラジンセミカルバゾンパラチノースペプチド結合トレハロースポリリン酸塩チオエステルグリコシド蛋白質合成スクロース酢酸メチル

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android