水酸基(読み)すいさんき(英語表記)hydroxyl group

日本大百科全書(ニッポニカ)「水酸基」の解説

水酸基
すいさんき
hydroxyl group

1価の基-OHの古い呼び名。現在では、IUPAC命名法にしたがって「ヒドロキシ基」と名づけられている。例外的に、遊離基HO・はヒドロキシルラジカルとよばれ、アンモニアNH3のHの一つをOH基で置換したNH2OHはヒドロキシルアミンという。OHが陰イオンとなっているときは水酸化物イオンである。

[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「水酸基」の解説

水酸基
スイサンキ
hydroxyl group

ヒドロキシ基,ヒドロキシル基

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「水酸基」の解説

水酸基
すいさんき
hydroxyl group

ヒドロキシルともいう。1価の基で,-OH で表わされる。無機化合物では水,金属水酸化物,ヒドロキシ塩などに含まれる。有機化合物ではアルコールフェノール官能基である。スルホン酸カルボン酸などの構造にも含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「水酸基」の解説

すいさん‐き【水酸基】

〘名〙 一価の基 -OH をいう。電離したものは水酸イオンという。塩基性を示すもとになるもので、当量の酸基と置換すると塩を生じる。水酸基を含む有機化合物には、アルコール、フェノールなど。ヒドロキシル基。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android