水酸基(読み)すいさんき(英語表記)hydroxyl group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水酸基
すいさんき
hydroxyl group

ヒドロキシル基ともいう。1価の基で,-OH で表わされる。無機化合物では水,金属水酸化物,ヒドロキシ塩などに含まれる。有機化合物ではアルコールフェノール官能基である。スルホン酸カルボン酸などの構造にも含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

水酸基【すいさんき】

−OHで表される原子団をいう。有機化合物中ではヒドロキシル基とよぶのが正式。水酸基をもつ化合物には水,金属の水酸化物,酸素酸,アルコール,フェノール,カルボン酸などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

すいさんき【水酸基】

OH で表される基。無機化合物中ではイオン結合性で、水溶液としたときは電離して水酸化物イオンとなりアルカリ性を呈する。有機化合物中では共有結合性の官能基となり、水溶液はアルカリ性を示さず、中性あるいは水酸基中の水素を電離して微酸性を呈する。有機化合物中のものはヒドロキシル基とよばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水酸基
すいさんき
hydroxyl group

1価の基-OHの古い呼び名。現在では、IUPAC命名法にしたがって「ヒドロキシ基」と名づけられている。例外的に、遊離基HOはヒドロキシルラジカルとよばれ、アンモニアNH3のHの一つをOH基で置換したNH2OHはヒドロキシルアミンという。OHが陰イオンとなっているときは水酸化物イオンである。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すいさん‐き【水酸基】

〘名〙 一価の基 -OH をいう。電離したものは水酸イオンという。塩基性を示すもとになるもので、当量の酸基と置換すると塩を生じる。水酸基を含む有機化合物には、アルコール、フェノールなど。ヒドロキシル基。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

水酸基
スイサンキ
hydroxyl group

ヒドロキシ基,ヒドロキシル基

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水酸基の関連情報