コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳頭 のうとう

大辞林 第三版の解説

のうとう【脳頭】

頭のてっぺん。脳天。 「 -から台座迄、唐竹割ぢや/歌舞伎・幼稚子敵討」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脳頭の関連キーワード頭蓋骨(とうがいこつ)フィリピンヒヨケザルアルシノイテリウムネアンデルタール人ホモ・エレクトスプレ・サピエンスピテカントロプスピルトダウン事件頭蓋(とうがい)クロマニョン人ホモ・ハビリスサピエンス化アムッド人エリオプス古代型ホモアラゴ遺跡キンモグラ頭蓋示数てっぺん大後頭孔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脳頭の関連情報