コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕弛し カイダユシ

デジタル大辞泉の解説

かい‐だゆ・し〔かひ‐〕【×弛し】

[形ク]《「かいなたゆし」の音変化。「かいたゆし」とも》「かいだるい」に同じ。
「悔しくもかへりにけるか唐衣(からごろも)―・きまでかへすかひなし」〈清慎公集〉

かいな‐だゆ・し〔かひな‐〕【×弛し】

[形ク]腕がだるい。
「経を…ささげ奉りしに、―・くもあらず」〈宇治拾遺・一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいたゆし【腕弛し】

( 形ク )
〔「かひなたゆし」の転という。「かいだゆし」とも〕
疲れてだるい。 「何せんに人もすさめぬ言の葉を-・きまでかき集めけん/六帖詠草」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

腕弛しの関連キーワード言の葉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android