腰袋(読み)こしぶくろ

精選版 日本国語大辞典「腰袋」の解説

こし‐ぶくろ【腰袋】

を入れてにさげる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※仮名草子・奇異雑談集(1687)五「ていしゅ此雁を市に出して売べしとて、こしふくろに入て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android